コラム

飛行機の気圧で耳が痛くなる人に!知っておくと便利なオススメの耳抜き法(バルサバル法)

みなさんは飛行機に乗っているときに、急激に高度が上がったり下がったりして耳がキーンと痛くなることはありませんか?キーンとなったら、耳抜きをしましょう。知っておくと便利な耳抜き方法をお伝えします。

なぜ飛行機に乗ると耳が痛くなるのか?

そもそも飛行機に乗ると耳が痛くなる原因は、気圧の変化。特に急激に高度の上下があったときに起こりやすいとされています。ただ全員が同じ症状になるというわけではなく、耳の構造や耳管の大きさも影響しているそうです。気圧の変化をやめさせる方法はないので、やはり症状がでたときにどのような対処法があるかを知っておくと役立ちます。

耳がキーンと痛くなったときの対処法、耳抜き(バルサバル法)のやり方

飛行機に乗った際に耳が痛くなったときの対処法としては、つばを飲み込む、水を一気に飲む、のど飴をなめる、あくびをする、という方法があります。それでも改善しない場合は、耳抜き(バルサバル法)を試してみましょう。

耳抜き(バルサバル法)の方法は最初に鼻をかみます。そして、息を軽く吸い込み、鼻をつまみ、口を閉じて吸い込んだ息を耳へ送り込むようにし、最後に唾を飲みこみます。慣れないとうまくいかないかもしれませんので、心配な方は搭乗前に練習しておいてもいいですね。

赤ちゃんや幼児の場合は耳抜きができないこともあるので、ミルク・のど飴を用意しておきましょう。最後に唾を飲み込むことを忘れずに。皆さんも自分にあった方法を試しください。

飛行機内で耳が痛くなった際に耳抜きする際のコツ

・鼻をかんで、息を吸って、鼻をつまんで唾をのむ。
・飲み物やのど飴を用意しておく。
・どの方法も最後に唾を飲み込むことが肝心。