コラム

外出先で調べものや目的地までの移動方法を確認したい!無料Wi-fiスポットを探す

日本に外国人観光客が増え、Wi-fiスポットの必要性がニュースになっています。外国人旅行者の不満として、1位の言葉が通じないに続いて、Wi-fiが使えるスポットが少ないことが挙げられています。一時帰国をした際にネット環境がない場合は、Wifiスポットを利用してみましょう。

コンビニやスタバでWi-fiをつなぐ

大手のコンビニチェーンでは店内で無料Wi-fiサービスを提供しています。例えば、セブンイレブンではセブンスポットという名称でサービスを提供しています。7SPOT というアクセスポイントに接続して会員登録をすると利用することができます。

そして、スターバックスでも無料Wifiを使うことができます。 at_STARBUCKS_Wi2のアカウントでログインし、メールアドレスと任意のパスワードを登録します。 一部、利用できない店舗もあるので、下記のサイトでエリア検索をすることができます。事前に調べておきましょう。

>>>セブンスポットへようこそ
>>>at_STARBUCKS_Wi2(スターバックス)

携帯通信会社のキャリア別にWi-fiをつなぐ

ドコモ・ソフトバンク・auのキャリアでも無料でWifiを利用することができます。ただしキャリアとの契約が必要となるので注意が必要です。契約を予定している方や、一時的に契約を中断されている方は検討してみはいかがでしょうか。

>>>Docomo Wi-fi
>>>ソフトバンクWi-fiスポット
>>>au Wi-fi SPOT

FREESPOTを探す

FREESPOTとは無線LANアクセスポイントを設置した公衆無線LANのこと。アクセスポイント毎に設置者はそれぞれ異なっていますが、Wi-fiが使えるアクセスポイントとして表示されています。全国約13,000ヵ所以上のアクセスポイントがあります。

>>>FREESPOT(フリースポット)

無料Wi-fiサービスを利用する際のコツ

店舗などで接続する無料wi-fiサービスを利用するためには、会員登録をする際に店舗の案内や商品案内をメールで受け取るかどうかを確認することがあります。そのため会員登録をしないと、知らないうちに同意していて、不要な案内が届く可能性もあります。

その他にも無料wi-fiサービスを利用する際に、暗証番号やデータが流出しやすいとも言われています。そのため、銀行や証券会社などの重要な個人情報があるサイトでは、無料wi-fiサービスでログインをすることは避けた方がいいでしょう。