コラム

荷物を預けるなら、佐川急便の「東京手ぶら観光のススメ」が便利

東京手ぶら観光のススメ

東京手ぶら観光は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催までに訪日外国人旅行者が「手ぶら観光」を出来る環境を整える観光サービス。

東京手ぶら観光とは…
空港や駅などの交通機関と宿泊地を佐川急便の輸送サービスで結び、お客さまがこれまで移動や待ち時間に費やされた時間を、快適な観光時間としてお届けいたします。(佐川急便)

もちろん訪日外国旅行者だけでなく、東京への旅行者や一時帰国者でも利用することができます。主なサービスは、荷物一時預かり、ホテルへの宅配、空港への宅配サービスなどを受けることができます。

一時帰国者も利用したい東京手ぶら観光サービス

せっかく一時帰国で日本に帰国したら東京で観光や友達に会っておきたいもの。その時に、人込みの中を大きなスーツケースを持って歩くのはかなり不便ですよね。

大きなんスーツケースでは、コインロッカーを探すのも大変だし、料金も高い、それに出し入れができないというデメリットがあります。そのようなときに、一時預かりサービスは便利で、出し入れが自由なので忘れ物をしたときなどは重宝します。

特に東京駅内にあるTOKYO SERVICE CENTERの営業時間は7:00~23:00と、夜遅くまで営業しているので遊んだ後に夜行バスで地方にある自宅に帰る場合にも使えますね。実際に手ぶら観光サービスを利用してみました。

160サイズのスーツケースで、「1日一時預かり」が800円。コインロッカーが600円だったので、出し入れを考えるとお得なのがよく分かります。特に一時帰国者は現地国に戻る際に荷物を多く持って帰りたいので、大きなスーツケースになりがちですよね。

その他にも当日、11時までならホテルに当日配送も可能です。

TOKYO SERVICE CENTER以外にも東京スカイツリー、浅草、新宿駅にもカウンターがあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

関連サイト:東京手ぶら観光のススメ(佐川急便)