買っておきたいモノ

一時帰国で買っておきたいモノ【電化製品編】

海外では電化製品が高い、壊れやすいことが常識。そのため、日本製でなくても、日本で電化製品を買ってもって帰ったほうが結局は便利な機能や使いやすさ、そして価格を考えるとオトクになることもよくあります。そこで、一時帰国で買っておきたい電化製品をご紹介します。

海外向け炊飯器

海外製の炊飯器は、炊飯機能とタイマーがついているだけのシンプルなお釜型が多いので、日本の炊飯器は重宝します。海外向けの日本製であっても、現地で購入すると割高になることも。免税制度を使えば、さらに安くなります。

掃除機

海外向けではありませんが、コードレスタイプで分けて持ち出せるので、マキタの掃除機は家でも使っています。充電する際には変圧器が必要となります。交換用の紙パックも必須です。サイクロン型があれば便利かもしれません。

外付けハードディスク

大切なデータやPCトラブルのバックアップのためにも外付けハードディスクは便利です。海外ではPCを簡単に修理できる状況は限られているので、定期的なバックアップは必要となるでしょう。さらに、映画や音楽、テレビの録画データなどを入れておくこともできるので、余暇の楽しみに最適です。

ドライヤー・ヘアカラー

海外旅行にも便利な国内外対応のドライヤー・ヘアカラー。コンセントのプラグも忘れずに。

スチーマー

ハンディスチーマーがあれば、アイロン台がなくても衣服をかけたままアイロンをかけることができるので便利。

変圧器

日本は100Vですが、海外では220~240Vなど、異なる電圧が使われていることがある国・地域では変圧器が必要となります。製品ごとにワット数を確認しておきましょう。変圧器の対応電圧の8割が目安となります。

一時帰国で買っておきたい電化製品

・免税制度を使って、うまく買い物をしよう。
・コンセントのプラグは忘れずに購入しておく。
・変圧器が必要なモノもあるので、電圧数とワット数に気をつける。