一時帰国で試してみたい!日本初の全室扉付き完全個室型の夜行高速バス(東京~大阪)

関東バスが両備ホールディングスと共同で、2017年1月18日(水)から全席完全個室の夜行高速バス「DREAM SLEEPER東京大阪号」を運行すると発表しました。これまで独立型でカーテンだけで仕切る夜行高速バスがありましたが、完全個室は初めてではないでしょうか。


出典:関東バス株式会社

座席数は11席限定で、一般的な夜行高速バスのシート比べてもかなりの広さがあります。各座席はパーティションで仕切られているのでプライバシーも確保できます。隣を気にすることなく安心して就寝できそうですね。


出典:関東バス株式会社

運行区間は、東京の池袋駅西口~大阪のなんば(OCAT)~両備バス門真車庫間。運行本数は1日1往復です。片道運賃は大人2万円/子供1万5500円と、他の夜行高速バスと比べると高額になっています。購入は、インターネットやコンビニエンスストア端末、関東バスの窓口などで可能できます。

贅沢な移動方法かもしれませんが、東京都内で宿泊すると宿泊料金も馬鹿にならないので、一時帰国の際に時間の節約と資金に余裕があれば試してみたいですね。条件がありますが、乗車10日前に予約すると早期割引を受けることもできるので、気になる方は下記のサイトをチェックしてみましょう。

関連サイト:DREAM SLEEPER 東京大阪号(関東バス株式会社)